社会福祉法人光華園 澄川保育所

法人について
札幌市南区澄川5条5丁目5番10号tel:011-821-0471 採用情報

こまのおっちゃん「こまのサーカス」

2022年09月22日

今日は、名古屋から、“こまのおっちゃん”が来てくれて、「こまのサーカス」の公演でした。

 

第1部は、もも・たんぽぽ組さんが、こすもすのお部屋で見ました。

もも・たんぽぽさんは、公演前に皿回しを体験させてもらいました。

 

公演の中では、こまのおっちゃんは、中国ゴマのディアボロをはじめ、お相撲さんのこま、桃太郎のこまなど珍しいこまをたくさん披露してくれました。

もも・たんぽぽさんは、声を上げたり、手をたたいて、喜んでいましたよ。

 

 

第2部は、ちゅうりっぷ・すみれ・ひまわり組さんが、ホールで公演を観ました。

色々なこまの技に驚いたり、おっちゃんのお話に大笑いしたり、とても盛り上がりました。

大技も見せてもらい、大興奮でしたよ。

こまのおっちゃんと一緒にいらっしゃった、るぱんさんにもたくさんの技を見せてもらいました。

 

ひまわり組さんは、公演終了後にこま回しの体験もしました。

おっちゃんやるぱんさんに教えてもらいながら、一生懸命こまに紐を巻き、真剣に投げ、こまを楽しみましたよ。



「こま回しをまたやりたい!」という声がたくさん出ていたので、今後も楽しんでいきたいと思います。

わくわくデイ~十五夜~(3.4.5異年齢グループ)

2022年09月09日



今日は十五夜なので3.4.5歳児さんの異年齢グループでお団子作りをしました。



作り方を見ながら粉と水を混ぜ合わせてコロコロと丸めて真剣な表情で作っていましたよ。



「耳たぶくらいのかたさってかいてるね」と自分の耳たぶを触りながら「このくらいかな~?」と生地をこねている様子もありましたよ!


作りながら「きもちいいね!」と感触を楽しんだり、「見て!まーるくなったよ!」とまんまるにできて嬉しそうな様子もありました♪



丸めたお団子をお鍋でゆでるところも見て、冷ました後に本物の三方に飾りつけをしましたよ。




今日までに玄関にお散歩で取ってきたススキも飾っていたので、お団子も一緒に並べてステキなお飾りが出来ましたよ。


本当の十五夜は明日です。綺麗な満月がみられますように・・・。

「JAF交通安全教室どれみグループ」のコンサート

2022年08月26日

今日は、JAF交通安全教室どれみグループのコンサートがありました。

 

たんぽぽぐみ、にじ・ほし・つきグループのお友達が参加しました。

色々な楽器を使って、「アイアイ」や「はたらくくるま」、

「にじ」などみんなのよく知っている歌を演奏してくれました。

 

犬のぬいぐるみの「じゃふくん」と一緒に、楽しい曲に合わせて

交通ルールも教えてもらいましたよ!

 

最後には、信号の見方や横断歩道の渡り方を体験しました。


音楽に合わせて手拍子をしたり、とっても嬉しそうな子供たちでした。

ひまわり組 社会見学~北海道博物館

2022年08月19日

 6回のひまわり会議を経て決まった『北海道博物館』。

  「もう、楽しみすぎるー!!」

と、朝からキラキラした顔のひまわりさん。

 24人全員で出掛けられる嬉しさを噛み締めていましたよ。


 行きのバスの中から楽しさも、嬉しさも大爆発!

 車窓から見える札幌ドームや色々な看板にも大盛り上がりでした。


 車内をたっぷり楽しんで、いよいよ博物館の中へ。

 北海道の歴史、アイヌ文化の展示にも興味津々。

  「あれは何だろう?」

  「これはどういう事?」

 たくさんの不思議が飛び交っていましたよ。


 館内見学の後には、楽しみにしていた『世界の昆虫展』。

 大きな模型に、壁いっぱいの標本。

 ひまわりさんの虫博士たちが自分の知識を惜しみなく出し切っていました♪

 最後には、生きた世界の昆虫も1匹1匹じっくり観察して、

  「楽しかったねー!」

 初めてのお出掛け、心も体もめいっぱい使って楽しみ切りました♪


 次はどこに行こうかな~。

 次の計画をまたみんなで考えて、楽しい時間を過ごしたいと思います。

ほしぐるーぷ わくわくデイ~七夕~

2022年08月05日


今週初めの散歩の帰り道、のんびり歩きながらの一場面。


  「もうすぐ七夕さまだね」


  「もう(短冊に)お願い事かいたよ」


  「わたしもー!」


 


そんな会話を聞いていたちゅうりっぷさんが、


  「わたしも!この間、神社でお願い事してきた!!」


『願い事』の言葉を介して、七夕と神社での自分の経験がピッタリ重なり、とっても嬉しそうな笑顔。


 


  「そうなんだ、わたしもこの前行ったよ」


  「そしたらさ~七夕のお願い事、神社にお願いに行こうよ」


  「いいね、いいね」


  「どうやって行く?」


盛り上がる皆に「少し遠いけど、歩いて行ける神社の場所、先生知ってるよ」と声を掛け、


  「行くー!」


と、こうして今日のわくわくデイ~七夕~は相馬神社に行く事となりました♪


 


決まった日から神社に行くことを楽しみにしていた、ほしさん達。


  「今日は(いっぱい歩けるように)朝におにぎり食べてきた!」というお友だちも。


 


おはようの会で『たなばたさま』の絵本を見てから、相馬神社にむけて出発!


今までで一番の遠出でしたが、やはり毎日お外で遊んでいる皆の体力はすごい!


楽しみにしていた分だけぐんぐん足は進み、思ったよりも断然早く、相馬神社に着いてしまいました。


 


ひまわりさんが去年の経験から『めっきら もっきら どおん どん』の絵本と同じご神木を教えてくれたり、


みんなで神社をお参りしたり、


絵本に出てくる“よるのやま”に繋がる木の穴を探したり。


 


そんな中、


  「ね~、わくわくデイっていつ始まるの?」


と疑問の声が。


 


「今日1日全部がわくわくデイなんだよ」とお知らせすると、


  「あ~今日のご飯、何だろうね?」


  「お星さまのご飯なんだって!」


  「楽しみー――!!」


  「ほら、みんながわくわくしてる」


帰り道までわくわくでいっぱいのほしさん。


七夕の特別な1日、今日もみんなで笑って笑って過ごしました。


 


みなさんもぜひ、七夕を楽しんでくださいね。



人形劇団「えりっこ」さん第2部

2022年07月19日


第2部は、ちゅうりっぷ・すみれ・ひまわり組さん向けの公演でした。


1つ目のお話は、牛乳パックや紙コップなど、身近な素材で作ったお人形を使った「あかずきん」のお話でした。


お話の中で、キッチン用品や素材が、小鳥やお花に目の前で変わっていく様子を楽しみながら観劇しました。


オオカミがおばあさんやあかずきんを食べてしまうシーンでは、息をのみ、応援する姿が見られていましたよ。


 


2つ目のお話は、アンデルセン童話の「みにくいアヒルの子」でした。


切り絵の絵本を読み進めていくようにお話が始まり、季節の移り変わりを感じながら、みにくいアヒルの子が成長した本当の自分に出会うというとても素敵なお話でした。


みにくいアヒルの子が泳ぐことが出来た時に、自然に拍手をする子どもたちの姿や、クライマックスに、みにくいアヒルの子が白鳥になって、仲間と一緒に踊るシーンをうっとりと見つめる姿が見られていましたよ。


 


人形劇団「えりっこ」さん、素敵な公演をありがとうございました!



人形劇団「えりっこ」さん第1部

2022年07月19日

今日は劇団えりっこさんの公演がありました。

第1部は、ももさん・たんぽぽさん向けのお話でした。

「こだぬきポンタのお話」を見ました。


小鳥やウサギが出てくると「あ!あ!」と指をさして

出てくる動物さんを教えてくれる姿がありました。


ポンタと動物さんの掛け合いがおもしろいお話でした。

ポンタのちょっぴりドジな様子を見て笑ったり、

最後まで夢中で楽しみ見ていましたよ!




わくわくデイ~夏の旬~(3.4.5異年齢グループ)

2022年07月13日



 7月のわくわくデイは、夏の旬をむかえるとうもろこしに

触れてみました♪ 

みんなの大好きな絵本『とうもろこしちゃんのながいかみ』

から興味が広がり…



  「皮のお布団の中で眠っているとうもろこしの皮をむいてみよう」



と張り切る子どもたち。皮の匂いを嗅いだり、

実際にとうもろこしに手を触れることで、



  「皮には濃い緑と、うすい緑のところがあるんだね」

  「茶色の髭はモジャモジャだあ」



と思い思い言葉にして楽しんでいましたよ。


 その後、とうもろこしから出来ている加工品の

ポップコーン作りをしました。ポンッ ポンッとコーンが

弾ける音がすると、みんなの心もわくわく!



  「フライパンの上で、コーンがダンスしてる」

  「出来立てのポップコーンってあったかくて美味しい」



とニコニコ笑顔。とうもろこしからできているコーン茶も

一緒に飲みましたよ。

 

 皮むきの後にひまわりさんから



  「とうもろこしの皮で何か作ってみたい」



との声が…!その声からお面つくりなどに発展し、

遊びが広がったグループもありました。

玄関に飾ってあり、とても可愛いので、ぜひ見てみて

下さいね☆


 絵本から繋がる保育。このような経験をいかして

『食』への興味に繋がると嬉しいなと感じた1日でした。




 





ひまわり組 『自然体験プログラム』

2022年06月30日

 急な場所の変更はありましたが、朝から楽しみで楽しみで仕方ないひまわりさん♪


 朝に今日の流れをみんなで確認しながら、お弁当を食べる場所を相談。

  「シートあるから、ホールに敷こうよ」

  「公園まで行くのはどう?」

 みんなの色んな意見を出し合って、今日は『園庭』に決定!!

 そうこうしている内に、自然体験プログラムの時間となりました。


 まずは、ホールへ。

 今日来て下さった3人の環境リーダー『ふるちゃん』『ばんちゃん』『うっちー』と一緒に、

 力を合わせて、生き物のパズルを作ったり、

 色々な生き物の気持ちになって、ホールを飛んだり、跳ねたり、

 リスになって、ホールに隠された松ぼっくりやドングリを集めたり。

 最後は園庭に移動して、隠れているバッタ(折紙)を探しましたよ。


 ひとつひとつのゲームを楽しみながら、環境リーダーさんが生き物の話をたくさん教えて下さいました。

 それを聞くたび、ひまわりさんも自分たちの持っている知識をめいっぱいリーダーさんへ。

 次々と出てくるひまわりさんの声に、「よく知ってるねー!」とリーダーさん達もびっくりしていましたよ。


 『どうして生き物はこの形や色をしているのか』のお話しにはみんな、興味津々!

 さらに、“生き物博士”に近づいたひまわりさんでした。


 朝からたっぷり楽しんで、おいしいお弁当をみんなで味わって、お昼寝に入る頃には

  「楽しかった~~!」

と、思う存分楽しみ尽くした声があちこちから聞かれていましたよ。

 みんなの大満足な表情に、保育士たちも嬉しさいっぱいです。


 今回は使いませんでしたが、探検セットの用意に、今日のお弁当作り、お忙しい中、本当にありがとうございました。 

ほしグループ 『今年も』始まりました!

2022年06月29日

 北海道も蝦夷梅雨ですね。

 なかなか気温があがらず、“いつからかな~”と機会を伺っていましたが…


 昨日、園庭に出ると砂場の砂が固まっており、保育士が大きいスコップで砂をほぐすとフワフワに。

  「気持ち良さそうだね」

  「柔らかいね」

と、保育士と一緒に砂を触っていたお友だち。


 2人でしばらく触り、

  「踏み踏みしたら気持ち良さそうだね…」

という言葉を合図に裸足へ。

  そ~っと足を砂につけると、ひんやり。

  「冷たいね!」

  「気持ち良いー!!」

と声を出さずにはいられないくらいの心地よさ。

 その言葉を聞きつけて、1人2人と集まり、昨日はみんなで砂の感触を味わったほしさん。


 今日はポツポツ雨。

 もちろんカッパを着て、お外へ。

 準備が整った子から、他のお友だちの準備が整うまで園庭で過ごす事になりました。


 この雨のおかげで、園庭には遊ばずにはいられない、面白そうな水たまり!

 それぞれの発想や発見からどんどん遊びが広がっていきました。


 実は、今年の夏に向け、キャンプなどに使う『水タンク』を揃えていた保育士たち。

 みんなの遊びの様子を見守りながら、そっと用意してみると…

 使いたい分だけ水の量を自分で調節したり、友だちの様子を見て使い方を考えたり、順番を待ったり。

 大人があれこれ言わなくても自分たちで考え広げていく姿、大切にしたい遊びの姿、人とのかかわりの姿が、『水タンク』を通して見られていましたよ。


 毎日の洗濯物が増える季節となりました。

 みんなで北海道の短い夏、今年も思う存分楽しみたいと思います♪

 お仕事でお忙しいとは思いますが、ご協力よろしくお願いします。


 ※1枚目は昨日。

  2,3枚目は今日の写真です。

めろんグループ~どろんこまみれ~

2022年06月27日

2階のベランダでお兄さんお姉さんが色水遊びをしていました。

その色水をベランダから見せてくれたり、降らしてくれていると、

めろんさんはとっても嬉しくて、その水に触れようと一生懸命に手をのばします。

そんな姿もあり、今日は裸足であそびましたよ。


タライのお水をスコップですくってバケツに入れたり、

お水と砂をま~ぜまぜして感触を楽しんだり、

裸足で遊んでいたので、泥水に入り飛び跳ねておおはしゃぎ


今年度のめろんさんは、感触あそびが大好きで

子ども達は自分たちで水たまりを発見して、しゃがみこんで夢中で

泥水に触れています。


これからますます、あそびがダイナミックな姿に繋がっていくのかと思うと

わくわくです。


これから夏ならではの遊びを満喫していきたいと思います。

お洗濯が増えるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

すみれ組 自然体験プログラムに参加しました!

2022年06月22日


 澄川公園に札幌市環境教育リーダーの方々が来てくれ、楽しい遊びをたくさん教えてくれました!

事前にスタンプカードに色塗りをし、期待を膨らませていたすみれさん。


グループでのお散歩とはまた違う雰囲気で、わくわくしながら公園に向かいました。

公園では大きな輪になり、みんなでご挨拶♪


 笹の葉を切って飛行機のように飛ばしたり、アリの行列をたどってお家を見つけたり、

木や葉の色々を聞いたりと楽しいコーナーを回ります。

身近な葉で様々な遊びが出来ることを体験したり、どんぐりの成長を身体で表現してみたり、

あっという間の一時間でした。


 自分たちの経験も通して虫や植物などをどんどん見つけたり、

「これってどうなっているのかな?」と疑問の声があがったり、

澄川公園の自然を通してそれぞれ「楽しい」と思える体験ができ、

大満足のすみれさんです。

帰り道、楽しかったことをお友だちと振り返りながら歩いていました。

今日の経験が今後どのように広がっていくのか楽しみです♪


ひまわり組 ドラムサークル体験会

2022年06月21日

 各グループに、ポスターでお知らせしていた『ドラムサークル体験会』。

 今日を楽しみにしながら過ごしていたひまわりさんです。


 ホールの準備が始まると、友だち同士わくわくしながら肩を寄せ合い、

  「あれ何だろうね?」

と、各グループのお部屋から覗き込んでいましたよ。


 朝は今年度初めてのひまわり組の時間。

 改めましての自己紹介をして『1年間よろしくね』のごあいさつ。

 ドキドキする姿もちらほらありましたが、しっかりした言葉に“さすが、ひまわりさん!”と思う場面でした。


 いよいよ、ホールへ。

 札幌ドラムサークルの“ゆっちママ”さんと“アリシア”さんが楽しい時間を用意してくれました。

 ジャンベ、シェイカー、アゴゴベル、ギロ、なかなか目にする事のない楽器に触れ、みんなで『音』を『楽』しむ時間を過ごしましたよ♪


 次のひまわり組の時間は、6月30日(木)の『自然体験プログラム』。

 お弁当になりますので、どうぞよろしくお願いします。

 詳しい持ち物などは、今週末におたよりを配布します。

チョウチョさんがんばれ~!

2022年06月01日

 以前、清澄公園に行った際に壁にいるのを見つけた、たくさんのアオムシ。

 通るたびに様子を見ていました。

 昨日、久しぶりに行ってみると、さなぎからいくつかチョウになっていて、驚くみんな。


 初めは、羽を持っていたのですが、ちぎれてしまい、

「きっと赤ちゃんだから優しくした方がいいんだよ」「おなかを持ってみたら?」

なかなか飛ぶことのできないチョウには「がんばれ~!」とエールを送ります。


 さらに、つぶれてしまったチョウを見つけると、かわいそうだからと

チョウのためを思って、葉っぱや石でお墓を作ってあげるお友だちもいましたよ。


昨日は、「チョウチョと一緒にお散歩に行きたい♪」と一緒に正ちゃん公園に行きました。

今日はじっくりたっぷりチョウチョとの素敵な時間を楽しみましたよ。


 チョウチョとの様々な経験を通して、みんななりに「命」に触れ、

大切さを考えるきっかけとなりました。


 経験から自分たちで考え、気付くことが出来る機会を大切に

これからの成長もみんなであたたかく見守っていきたいと思います。

つきグループ 嬉しいお弁当♪

2022年05月27日


 天気予報通り、雨降りの1日でしたね。

天気予報で雨が降ることを事前に知っていた子ども達は、

昨日のうちから『明日どうする?!』の話題に…


  『雨が降っててもカッパがあるじゃん!』

  『そうだ!引き出しに入ってる!』

  『じゃあ、明日はカッパ着てお散歩に行こうよ♪』

  『いいねいいね~!!!』


と大盛り上がり!行き先は、カタツムリがいるかも?の期待から

北緑地公園に決定。おはようの会が終わり、帰ってきたらすぐに

お弁当が食べられるようにと、少しだけお弁当の準備もしていきました。


  『今日の果物なにー?』

  『いちご!』『キウイ!』『え!?同じだね~』


とお弁当の話題も大盛り上がりでしたよ!


 準備万端!北緑地公園へ…


園を出てすぐは、ポツポツと控えめに降っていた雨も、

進めば進むほどに強まっていき、一瞬だけ

ザーーーーーーーーッ

と大粒の雨になっていき、驚く姿もありました。

その中でも必死に必死に歩き、無事に到着すると

達成感に満ちた笑顔のつきグループさん。

水筒を置き、さっそく遊びはじめると…

‟ 四つ葉のクローバー探し ” や ‟ 虫探し ”

などを楽しんでいましたよ!


保育園に帰ってきてからは、待ちに待ったお弁当の時間☆

お弁当箱をパカッと開けたときのみんなのニコニコ笑顔が

とても可愛かったです♪

大好きな人が作ってくれたお弁当、ペロリと食べていましたよ。


お忙しい中、お弁当のご用意ありがとうございました!!!


つきグループになってから、雨の日の散歩は

初めてでしたが雨の日ならではの楽しみを味わえた

気がします。

今後も、雨の日の散歩を楽しんでいきたいと思って

いますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。


ほしグループ 雨の日さんぽに行ってきました!

2022年05月27日


 昨日から楽しみにしていたお弁当の日!

「カタツムリくんとテントウムシくん」という絵本から

カタツムリは雨が好きなことを知り、

今日はカタツムリくんを見つけにお散歩に出発!


葉っぱの影を探しながら、あじさい公園まで向かいました。

遊歩道に到着し、探索をしていると、ザーーッと大雨に・・・

みんなは「ひゃっほ~!」と嬉しそうに公園まで向かっていましたよ。


公園では、カタツムリではなく、いもむしを発見!!

葉っぱのお布団にのせ、草でこちょこちょしたり、

木の枝にのせたりし、「ここちゃん」という

すてきな名前を付けて可愛がっていましたよ。


木の枝にのせていると、ここちゃんが行方不明に!!

「緑色だから葉っぱの中ではかくれんぼ上手なんだね」

「みんなが一緒の大きさになったらよかったのかな」など

それぞれの考えから、お友だち同士の遊びが広がっていきましたよ。


 ほかにも、山のてっぺんで雨を浴びてみたり、

元気いっぱい鬼ごっこを楽しむお友だちもいました。


 帰ってきてからのお弁当とっても喜んでいましたよ。

ご用意ありがとうございました!


つき・にじグループ 「園庭で遊びました」

2022年05月11日

今日は、つき・にじグループで公園と園庭に分かれて遊びました。

少し遠い公園に行く(わんぱく公園)という事を伝えると「園庭がいい」と園庭を選んで遊んでいました。

園庭では、砂場でアイス屋さんを楽しんだり、アイス屋さんから少し発展しケーキ屋さんにもなりできたアイスを見せてくれたり「どうぞ」と食べさせてくれたりと楽しんでいましたよ。

ケーキ屋さんでは、バケツに砂をたくさん入れてケーキに見立てたりとごっこ遊びをゆっくりと楽しんでいました。

つき・にじグループ 「わんぱく公園にいってきました」

2022年05月11日

今日は、つき・にじグループでわんぱく公園に行くお友達と園庭で遊ぶお友達に分かれて遊びました。

朝から「わんぱく公園に行ってみたいね」という声が聞かれていてにじさんのお友達が「つきさん

一緒に行こう」と誘ってくれ一緒に行ってきました。

「公園に行く!」と言ったお友達は、すみれ・ひまわり組さんのお友達が多かったのですが、その中に数名のちゅうりっぷさんもいましたよ。少し遠いのですが一生懸命歩いて公園に向かいました。

公園につくと「広い!」「あれ、どんぐり落ちてないね」とひまわりさんとすみれさんは、前年度来たことを覚えていて話す姿も見られていましたよ。他にもチョウチョを追いかけたり、石の階段を上ったりして楽しんでいました。

園に戻ってくると「楽しかったね。また、一緒に遊びに行こうね」とつきさんもにじさんもお互いに言っている姿が印象的でした。

たんぽぽ組 こいのぼりみ~つけた!

2022年05月02日

園周辺のお散歩に行く予定でしたが「こいのぼりいるかな?」というお友だちの声が聞かれ、こいのぼりを探しに行くことに!!

きよすみ公園の方まで歩いていくと大きなこいのぼりを発見!「あったよー!」「大きいね!」とお友だち同士お話をしたり「やねよ~りたか~いこいのぼり~♪」とお歌を歌う声も聞こえてきましたよ。

遊歩道にも行き大きな桜の木を見つけました。桜の花びらを拾ったり、ひらひら舞う花びらを捕まえることにも挑戦しました。
最近大好きな虫探しも楽しみ「アリさんどこ行くのー?」とアリさんにお話しをするお友だちもいて、かわいらしい姿でした。

345歳児 グループ混合 カエル池『偵察』してきました!③

2022年04月28日


345歳児 グループ混合 カエル池『偵察』してきました!②

2022年04月28日


345歳児 グループ混合 カエル池、『偵察』してきました!①

2022年04月28日

 サクラが綺麗に咲き出しましたね。園の周りもあちらこちらで綺麗な春色。

 朝、ベランダでポカポカおひさまを浴びながら、のんびりしていると、

  「サクラ咲いたからさ~もう春だよ」

と、年長さんが教えてくれました。

 自分なりに考え、季節を捉える言葉に、朝からほっこり和ませてもらいました。


 “春”がきたなら、行くしかありません!

 澄川保育園の春、恒例の通称『カエル池』。

 子どもよりも大人たちの方がソワソワ、わくわく。雪の量のわりには今年は雪解けが早く、“そろそろじゃない?いつ行こうか?”とタイミングを伺っていたここ数日。


 今朝、“連休前に見てこよう”と大人1人、バケツを持って、柄杓を持って準備していると、それに気付いた同じタイミングでお散歩準備していた、つきさん数名。

  「先生、何それ?どこ行くの?」

  「ちょっと池、見てこようと思って」

  「池ー⁉行きたい、行きたい!」

  「すっごく歩くよ」

  「大丈夫、大丈夫!いっぱい歩けるもん!」

 行ってみたい気持ちが高まった6名で『カエル池偵察隊』結成!


 あちこちに咲くサクラを愛でながら、“どんなところかな?”とぐんぐん足を進めていくと、ガラガラドンの橋の前で、お散歩中のにじさん発見!

  「どこ行くの?」

  「池まで“ていさつ”行くの~♪」

  「え~!行く行く!」

 聞き慣れない『偵察』の言葉にわくわくで、にじさんが合流。


 道路を渡り、トンネルをくぐり、カエル池まであと少しのところで今度はほしさん発見!

  「どこ行くの?」

  「池まで“ていさつ”行くの~♪」

  「一緒に行こうよ」

 ほしさんもカエル池まで行くところだったようです。


  「こっち、こっち!」

 前年度行っていた年長さんがみんなを案内してくれ、カエル池到着!

 たくさんの雪のおかげで、今年の池の水量はなかなか良い感じ。

 目を凝らして水面を覗いてみると…ありました!カエルの卵!!

 持っていった柄杓ですくい、バケツに入れると、頭を寄せ集めて順番に観察タイム。

  「赤ちゃん、どこ?」

  「(棒でつつきながら)プニプニしてる~」

 春ならではの発見をみんなで楽しみました♪

 

 時間いっぱい観察を楽しんだところで帰りの合図。

 今日は『偵察』に来たので、卵はお家(池)へ。

 帰り際には池の中央にたくさんの卵も発見!

 本当は連れて帰りたかったみんな…連れて帰るにはどうしたら良いか、今度『作戦会議』をたてることになりましたよ。

 さてさて、異年齢グループの中で今年のカエル池はどんな広がりを見せるかな。

 みんなのわくわくを大切に、『春』ならではの出会い、経験を重ねていきたいと思います。

 もしすると、お家に方へ何かしらの要望が出るかもしれません…その時にはどうぞよろしくお願いしますね。

つきグループ やっと見れたね!

2022年04月27日


 太陽は、ピカピカなのに風がビューーンと強い1日でしたね。


 今日は、前々からグループ内で話題になっていたガラガラドンの橋のところのこいのぼりを見に行きました。昨日から、『朝は、6の針(9:30)になったら元通りで8の針(9:40)には待ち合わせだよ』と子どもたちとお約束をしていました!

 そのおかげもあってか、ガラガラドンの橋に着いたのは、

なんと “10:10” !!!

 ついつい保育士同士、顔を見合わせるほどに早く着きました。

そして念願のこいのぼり♪


  『えーー!!やっぱりあった!!』

  『いろんな色あって可愛い!!』

  『ピカチュウついてるのもあるよ!?』


と目をキラキラさせていた、つきグループさんでしたよ!

ほしグループ 大きなこいのぼりみーつけた♪

2022年04月25日


 おはようの会で、お友だちから「はしにこいのぼりあったよ」という声が聞かれ、

みんなで見に行こう!とガラガラドンの橋へ出発しました。


期待を膨らませ、お散歩中に「やねよりたかい~♪」と

こいのぼりの歌を歌いながら向かうほしグループさん。


また、気温が暖かくなってきたことで、様々な花が咲き始め

「このおはな、なんだろう?」と黄色やピンク色のお花を眺めながら、

お友だちとお散歩を楽しんでいました。


ガラガラドンの橋が近付いてくると、「みてみて!」と

大きく風になびく ‟こいのぼり” を発見!!

「こいのぼりだ!」とお友だちとおもいっきり走り、橋を目指しました!


 橋に着くと「こいのぼりいっぱいあるね!」「いろんないろのこいのぼりあるよ~」と声に出し、

それぞれ好きな色のこいのぼりを見つけていましたよ。


 帰り道、こいのぼりに向かって「きてくれてありがとう」とつぶやく素敵なお友だちもいましたよ。


 子どもたちの興味や発見を遊びに繋げていきながら、

これからも楽しんでいきたいと思います!

わくわくデイ ~はじめまして よろしくね~

2022年04月20日

今年度初めての行事、わくわくデイ

「今日は何をするのかなぁ~」と朝から楽しみにしているお友だち。



4月より新しいお友だちと先生が

澄川保育園に仲間入り

「これからよろしくね」とご挨拶をしました。



新しい先生にインタビューしていくと

2人の好きな食べ物は「えだまめ」

みんなで一緒に「えだまめズンダ」の曲に合わせて、

ダンスタイムがスタート!

速いテンポの曲で、みんなノリノリ

体が思わず前へ前へ出ていくことも!

心も体もポッカポッカになりました。



ダンスの後は、春のあたたかい風を感じながら

ベランダに出てみると…

いつの間にか、しゃぼん玉トンネルが出来ていてびっくり!

各グループがトンネルを抜けて、春探しのお散歩へ

「しゃぼん玉、キラキラしていてキレイ」

「また、えだまめズンダおどりたいね」と

みんなで楽しい時間を過ごしましたよ。

つき・にじグループ 『一緒にいこう』

2022年04月15日


 今日は、風が少し冷たかったですね。


 昨日、つき・にじの各グループでお散歩に行った際に


  『あれ!?にじさんいる!!』

  『あ!!つきさんだ!!』

  『え!?どこどこ!?本当だ~!!』

  『お~い!!』


と反対側の道を歩いていた2グループ。

 本当に偶然出会えて嬉しそうなお友だち。

昨日は、そのまま別の場所でのお散歩でしたが、

その嬉しさを覚えていたようで、今日の朝に


  『今日はさ!また会えるかな?』

  『そのまま一緒に遊びたいなぁ』


という声もあがり、いいねいいねと大賛成!

 ‟ 玄関のところに10:00に待ち合わせ ”の

お約束をしたこともあってか、張り切って準備していましたよ。


 そして出発!


  『会えるかな?』

  『もうすぐ見えそう・・・!』


とワクワクしている表情が可愛かったです♪

 チラッと覗いてみると・・・


  『わ~!!いたいた!!』

  『やっほー!!』


と手を振り合い、そしてまた次の道で


  『また見えた~!!』

  『ばいばーい!!』


と、とても楽しいやりとりができました。

 そして、きよすみ公園へ!


  『一緒に遊ぼう!』

  『こおりオニしよう』

  『なんかいいのあったよ!』


とグループ関係なく存分に楽しみましたよ。


‟ グループ ”に捉われず、今後もお互いの

関わりを大切にしていきたいと思います。

 


 ☆お家に帰ったら子どもたちの楽しいエピソードを

  たくさん教えてもらってくださいね!

ほしグループ たくさんの虫たちに出会えました♪

2022年04月11日


 おひさまの暖かさが気持ち良い一日でしたね。

ほしさんたちは「なんだか夏みたい~!」と嬉しそうに、

あじさい公園の奥の広場まで出発しました。


向かっている途中、「アリいた!」「チョウチョいた!」と先週のお散歩では

見ることのできなかった虫にたくさん出会い、

お友だち同士見せ合いながら

楽しい気持ち、嬉しい気持ちを共有していましたよ。


 広場では、アリの巣やエサを運ぶ力持ちのアリ、毛虫など

さらにたくさんの虫に出会い「見てみて~!」と大興奮!!

じ~っとしゃがみ込んで、アリさんたちの世界に引き込まれているみんなでしたよ♪


  あっという間に時間が過ぎ、帰る時間に・・・

「またこようね!」とお約束をしてお昼ごはんを楽しみに帰ってきましたよ。








ほしグループ 春を見つけてきました!

2022年04月05日


 とってもいいお天気でしたね♪

 おはようの会の中で、

「昨日見つけられなかったダンゴムシを見つけたい!」や

「がらがらどんの橋」を新しいお友だちに教えてあげたいといった

声もあがり、ほしグループさんみんなで出発!!


さっそくアリを見つけたり、

フキノトウや咲き始めのクロッカスも見つけることができ、

嬉しそうなお友だち。


橋を渡った先の森では、ワラジムシを見つけたり、

お友だちと一緒にかくれんぼをしたり、

時間いっぱい楽しんでいましたよ。


 ぽかぽか陽気の中、春の訪れを感じた一日でしたよ♪


つきぐるーぷ 『遠足』してきました♪

2022年03月30日

 年度末の忙しい時期に、急なお弁当のご協力をいただき、ありがとうございました。


 昨日の散歩の道中、元気なおひさまに

  「暑い~」

  「ジャンパーいらなかった~」

というやりとりがあった、つきグループさん。


 今日のおはようの会。

 そのやりとりを思い出した友だちから

  「ジャンパー、リュックに入れていけばいいよ!」

と良い考えがあがりましたが…でも待って、今日はリュックにお弁当が入ってる…


 どうしたらいいか少し考える皆に「お弁当持ってお出掛けすること、何て言うか知ってる?」と声を掛けてみました。

 キラッと光るみんなの目。

  「わかる!遠足!!」

 『遠足』の言葉に一気に盛り上がる、つきグループさん。

  「今日は遠足に行こう!」

の友だちの提案に、みんな大賛成♪


 リュックにお弁当と、寒くなったら着られるようにジャンパーを入れ(リュックがまだないたんぽぽさんの分は、大きい友だちが「入れてってあげる」と、リュックのスペースを貸してくれました)、水筒を肩から下げて、出発!!


 背中いっぱいにワクワクを背負って、目指すはあじさい公園の遊歩道。

 一緒に手を繋ぐ友だちと色々なお話を楽しみながら、楽しい楽しい道のり♪

 

 遊歩道に着くと、一足先に来ていた、にじグループさん、ほしグループさんにも出会いました。

  「来てたんだね」

と束の間の再会を喜び合いながら、

  「また後でね」

と手を振り合い、それぞれのグループの方向に進むみんな。


 異年齢グループ移行が始まって1週間。

 “自分のグループ、自分の居場所”が、それぞれに出来上がってきている事が感じられる瞬間でした。

 子ども達の順応性は高いですね。


 遊歩道を抜けて、あじさい公園の築山周辺で虫を探したり、追いかけっこをしたり。

 そうこうしていると、帰る合図の電話が鳴りました。

  「帰って、お弁当食べよう」

と、帰り道も大はりきり。


 たんぽぽさんにとっては保育園で食べる初めてのお弁当。

 みんなで「せーの」で「いただきます」!

 

 予定外ではありましたが、楽しく美味しく、つきグループ初めての『遠足』を満喫♪

 私たちも、“いろんな角度から物事を捉える面白さ”を子ども達の笑顔を通して、改めて感じさせてもらう1日となりました。

ひまわり組でお店屋さんをしました

2022年03月29日

 先日は、卒園記念のプレゼントに小さいクラスのお友だちを招待してお店屋さんをしました。

その日のおやつの時間に「ありがとう」と言いに来てくれたり、買った品物で遊んでいる姿を見てまた喜んでいたひまわり組。


その時の品物がまだ残っていて、ひまわりさんはお買い物してないからひまわり組でお店屋さんをしようと話していました。


 準備をしたらお店ごとに店員さん、お客さんと分かれてお店屋さんスタート。


「いらっしゃいませ」「これください」のやりとりはすっかり得意なひまわりさん。


ひまわり組は特別セールで品物をたくさん買うことができ、

どんな品物があるかよく知っているみんなは

「これほしい」「これはプレゼントにしようかな」と

家族の顔を思い浮かべてプレゼントも買っていたので

お家に帰ってから楽しみにしていてくださいね。


 「明日で保育園最後だね」と話す事も多く本当の卒園が近付きました。

明日は『ひまわりパーティー』をして楽しく過ごす予定です。